タクシードライバーのメリット

とにかく自由度が高い

タクシードライバーのメリットの一つはサラリーマンと比べると圧倒的に自由度が高いという点です。タクシードライバーは自分のペースで働くことが出来る職業の一つであり、疲れた時などは自分の裁量で休憩することも出来ます。個人で働く仕事であるために他の人のペースに合わせる必要がなく、人間関係などでストレスを感じることも少なくなっています。タクシードライバーは重労働であるというイメージがありますが、実際は残業も無いのでプライベートに使う時間も十分に確保することが出来ます。また、待機している時間も長いので読書を楽しんだりすることも出来ます。休日もサラリーマンよりも充実しており、土日だけではなく平日でも休むことが出来ます。

性別や年齢問わず稼ぎやすい

若い時から稼ぎたいという人や、ある程度の年齢になってからでも稼ぎたいという人にとってタクシードライバーは魅力的な仕事の一つです。一般的なサラリーマンと比べるとタクシードライバーの平均給与は高く、性別も関係ないので若い女性であっても稼ぎやすい仕事となっています。また、タクシードライバーは基本給に歩合制がプラスされる形態になっていることが多いので努力次第では誰でも多く稼ぐことが出来ます。若い時や高齢になってからは職業の幅が狭く給与も少なくなる傾向にありますが、タクシードライバーであれば平均賃金を大きく上回る額を稼ぐのも決して無理なことではありません。そのため、転職先としてもタクシードライバーは人気となっています。

運転手の求人の中でも、デイサービスや児童などの送迎は時間の自由は限られますが、固定客となるため安定して収入を得ることができます。