タクシードライバーのデメリット

給料が安定しないことがある!

給料が安定しにくいというのは、タクシードライバーのデメリットになるでしょう。不安定になりやすい理由は、一般的なサラリーマンとは違う給与体系になっているからです。タクシードライバーは、基本的に歩合制で働いています。歩合制というのは、売上によって給与が変化する給与体系です。頑張り次第で高収入を得ることも可能ですが、お客さんをたくさん乗せることができず、売上が低くなってしまった月は給与も低くなってしまいます。特に完全歩合制の場合、売上が給与に大きく響くので注意が必要です。中には一般的なサラリーマンと同じように、固定給も貰えるタクシー会社もあります。給料が不安定になるのが嫌なら、固定給が貰えるタクシー会社を選ぶとよいでしょう。

勤務時間が不規則でプライベートを充実させにくい

タクシードライバーの勤務形態は様々です。必ずしも日勤とは限らないので、勤務時間が不規則でプライベートを充実させにくいというデメリットがあります。タクシードライバーは、日勤、夜勤、隔日勤務という3つの勤務形態で働くことが多いです。日勤は一般的なサラリーマンと同様、朝8時から17時までなど昼間に働きます。夜勤は夜中に働く勤務形態で、深夜料金が加算されるため給料も稼ぎやすくなります。隔日勤務というのは、丸一日働いて次の日は休むという勤務形態です。1日の拘束時間は長くなりますが、働いた次の日は必ず休めるので休日の数は多くなります。プライベートも充実させたいという方は、日勤がメインのタクシー会社を選ぶとよいでしょう。

運転手の募集は、運送業界の人手不足の影響もあり全国的に活発に行われており、ベテランから若手まで就職しやすい状況となっています。