トラックドライバーのデメリット

慢性的にドライバー不足の職場では連続出勤を任されることもある

トラックドライバーは、仕事に必要な免許があれば全国区で働けることや、中高年者も活躍のチャンスがあるといったメリットがあります。一方で、運送業界の中には慢性的にドライバーの人員が不足している会社が少なくなく、特にベテランのドライバーは連続で長時間の出勤を任されることがあります。そのため、ハードワークを理由に早期退職をしたくない人は、毎月の休日がなるべく多いところや、勤務中に休憩時間をしっかりと確保できるところを職場に選ぶことが重要です。特に、長距離トラックのドライバーの仕事に就きたい人は、職場選びの際にいくつかの運送会社の人員配置や、一か月あたりの平均的な残業時間に目を向けることがおすすめです。

勤続年数が長い人も基本給がなかなか上がらない会社が多い

運送会社に勤めるトラックドライバーの中には、業務手当や夜勤手当などの金額は比較的高いものの、長く同じ会社に勤めても基本給がなかなか上がらないことに対して不満を感じている人が珍しくありません。また、運行管理者などの仕事に関係する資格を取得しても、給料の面であまり評価されないケースもあります。そのため、定年まで一つの運送会社でトラックドライバーとしてキャリアを積みたい人は、運送業界の優良企業が集まる就職相談会に足を運んだり、転職サイトを使ったりして時間を掛けて待遇が良い勤務先を見つけることが肝心です。その他、大手の運送会社においては、長期勤続者を対象とした基本給のベースアップに積極的なところもあるため、キャリアに自信がある人は転職を検討するのも良いでしょう。

ドライバーの派遣は、勤務をする曜日や時間を柔軟に選択できることや、必ずしも高度なスキルや実務経験を要求されないという特徴があります。